top of page

Menu

イスラエル企業への資本参画

Summary

イスラエル企業の日本法人(流通子会社, 総代理店)への資本参画

Location

Japan, Israel

Term

~ 2 Year

Client

Japanese Trading Companies

PIC

Mr. NASU, Principal

​在イスラエル, イスラエル人資本家との対話

企業規模の成長過程では, 多くの場合, イスラエル企業は日本企業よりも早い時期に販売市場や資本がグローバル化し, 特に市場戦略は多くの条件について慎重に検討する必要がある事項です.

主に地理的な要因によって, イスラエル初の商品や事業が EU への進出を容易としている反面, 多くの起業家は APAC とのコミュニケーションに苦労しており, "東側の問題を解決すれば" 事業がステップアップしたと見做されます.

私達はこの 20 年近くの経験を通じて, イスラエル企業の日本の商習慣, 商流への理解は深まったと感じていますが, 理解の進度よりも速くグローバル化が進んだ影響により, 例えば日本市場への進出は, 東アジアにおける生産や輸送など日本国外の課題が複雑に関与するようになりました.

日本企業のイスラエル事業への参画は, いち地域の distributor としてではなく, 東側の信頼できるパートナーとしての役割が期待されているため, 本体の問題の正確な把握と迅速な解決案の提示が不可欠なのです.

存在感を示す

イスラエルとの連携は, どの規模の日本企業にも開かれています. しかし, 先述の通り EU, 中東系の(多くの場合資本家等の)企業にその存在感で負けてしまっていることを私達は常に問題提起しています.

というのは, ただ展示会や online meeting などで製品, 役務, 事業をアピールすること, またそれに来訪しイスラエルのビジネスマンと交流することという形式的なものではなく, より文化的な理解を深め, 主体的に関与する態勢の維持が重要であるということです.

Mr. Saigo は長年日本企業の Agent を務めた経験から, 「イスラエル人との対話の成功には, 自身の問題, 希望を明示し回答を要求すること. 」を指摘しています.

例えば, 日本企業に対しては, 「私達はイスラエルの商品, 技術を探索し, ある条件でアジアへの流通をサポートしますよ. 」という明確な目的と実務が求められます.

円滑な実証実験

​契約の締結に向けては, 日本企業が定めたデューデリジェンスプランについて中立的にリスクを指摘し, オペレーションの構成に向けて想定されるあらゆる問題を独自の視点及び専門コンサルタントを交え検証します.

その際, 日本企業が蓄積した欧米進出の how to は大変有用です. 記録の整理を助け社内手続きを円滑化し, 一方, 相対するイスラエル企業のプロファイルを正確に分析し, 最適なチームを構成して貴社に最適なイスラエルにおける活動スケジュールを提示します.

投資委員会への助言及び合意形成の準備

私達はファンドと起業家間の合意形成はその期間が短ければ短いほど良いと考えており, 日本企業のイスラエル国内での優位性を維持する為にも非常に重要視しています.

ある程度の見通しのうちに, 起こり得る条件の変更や, 備忘, 欠如した視点等について投資委員会に助言し, 余裕あるレンジの準備を行います. イスラエル企業に対しても同様に助言します.

また, 複数企業をわたる情報は, PANRAEL 内のファイアウォールによって, 漏洩, 侵害を防ぎ適切に保護されます.

翻訳, 通訳, 面会サポート

投資の実行に必要なすべての言語的問題は容易に解決されます. 私達は日本語とヘブライ語, 或いは英語を交えたビジネス通訳における第一線の専門家として, 両国に認識されています.

モニタリングの代理

直近のテロによる起業家達への影響は限定的ではありません。徴兵、予備役といった直接的なものに限らず、労働者の確保、経営者の心理的な影響も考慮する必要があります。

特に多くの人はイスラエルに留まりたいと考えていること、ビジネスの優先度は、他よりも低いことの 2つは特に留意すべきです。

PANRAEL のモニタリング情報をもとに在日株主が効果的なサポートを提示することで信頼関係が醸成されます。

bottom of page